「I'm still alive」新宅 加奈子
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

「I'm still alive」新宅 加奈子

残り1点

¥59,400 税込

送料についてはこちら

「アートとTシャツと私」展 2021.07.17. - 8.1 出品原画作品 *作品の詳細写真や情報をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。 「I'm still alive」 新宅 加奈子 額装 無し (アルミ複合板加工 裏面木製ゲタ付き) ¥59,400円 (税込)〜 【エディション10】 ed1~3 : 59400円 ed 4~7 : 64400円 ed 8~10 :70400円 A2サイズ(420×594mm) セルフポートレート インクジェットプリント、サテン紙、アルミ複合板加工 新宅加奈子 1994年生まれ、京都を拠点に活動。2019 年京都造形芸術大学大学院総合造形領域修士課程専攻修了。 「生きている事を確認する行為」として 2010 年より全身に絵の具を纏い始め、身体と精神を拡張し自己からの脱却を図る。その行為をセルフポートレートとして展開。また、展示会場では 1日4時間絵の具を纏い続けるパフォーマンスを行う。
個展として、「I’m still alive (京都:KUNSTARZT 2018)」や「embodiment(京都: KUNSTARZT 2019)」「indication(京都:京都写真美術館 / 東京:KKAG ギャラリー 2019)」など。受賞歴として、アートアワード東京丸の内 2019 にて丸の内賞(オーディエンス賞)受賞。その他 NONIO ARTWAVE AWARD 2020 にてペインティング部門グランプリを受賞。ヨコハマトリエンナーレ 2020 episode00 出演作家。 時々私は裸になって絵の具を全身に纏います。 皮膚の上で混ざり合う絵の具は、私が私である事を超え、人間という身体を持った存在である事も忘れさせます。 それは単なる欲求や衝動ではなく、自分が自分として生きていく為に必要な行いとして始まりました。 むしろ、儀式のようなものだったのかもしれません。 私の日常のなかで現実感が希薄になり、放っておくと、「今ここにいる」という実感が徐々に失われていき、その恐怖で、私の心身は硬直してしまう事があります。 その為、私はこの儀式を繰り返す事により、そのような恐怖を取り除き、そして確かに生きている事を確認しているのです。