原画作品「エド、ワナビーであること」 / 岩村 拓哉
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

原画作品「エド、ワナビーであること」 / 岩村 拓哉

Last 1

55,000 JPY

Free shipping

About other shipping cost

*現在開催中の展覧会で展示中ですので9月10日前後の郵送となります。 岩村 拓哉がhaku企画のグループ展「アートとTシャツと私」で制作した原画作品です。 *額装ご希望の方は別途 35cm角hakuセレクトフレームをご購入ください。 作品タイトル 「エド、ワナビーであること」 冒険家であり、サバイバルの達人であるエドの喜びの表情は私たちの何かを震わせる。何かになりたいということは、何にもならないということの裏返しであり続ける。 岩村 拓哉 "何でもあるが何にでもないもの"としての「棒」のあり方について考え、作品を制作している。棒にまつわるイメージや現象を用いて、私たちのあり方について模索する。「棒」的なあり方としての理想像を「ワナビー」と設定する。 1995年 北海道生まれ 2020年 京都市立芸術大学美術学部美術科彫刻専攻在籍 受賞歴 2020年 京都市立芸術大学制作展奨励賞 2019年 ゲスト審査員賞『目[mé]』賞(アートアワードトーキョー丸の内2019内) 2019年 京都市立芸術大学制作展奨励賞